スマートフォンなどによる腱鞘炎

本日の患者様は手首の痛みで来院されました。

思い当たるような原因はないそうですが、スマートフォンをよく使うとのことでした。

今まで携帯電話といえば電話をかける、メールをするという2種類の操作方法がほとんどでした。

それが色々な機能がついた事により手を酷使するようになった結果、

腱鞘炎になる方が増加していて「スマホ腱鞘炎」とも呼ばれるそうです。

幸い軽い腱鞘炎でしたので、電気治療を何回か受けると痛みが取れました。

親指を中の方へ入れて手を握ったまま手首を前に倒し、痛みが出る方は

腱鞘炎の可能性があるかもしれません。

手首の痛みが気になる方はぜひ一度東村山駅前なごやか整骨院へご来院ください。

スタッフ一同、お待ちしております!!